からだと心の平和バトン 3日目

a0196877_2258574.jpg

「からだと心の平和のバトン」 3日目:

アメリカに渡り30年、そしてセドナでセラピスト活動を始めて14年目になりました。 年月の経つのが早くてびっくりです。

私は、アメリカに住みたいと思ったこともなかったし、それこそセドナに住みたいと思ったこともなかったし、セラピストになりたいと思ったこともなかったのでした。 気が付けば、今、こうしてセドナでセラピストとして活動をしています。 どうやら宇宙の流れに乗ってここに運ばれて来た様です☆
セドナでは、セラピスト活動の一環として、リトリートを行っています。

日頃の多大なストレスを抱えてお疲れの方、人生の転機にいらっしゃる方、自分をゆっくりと見つめ直されたい方、自分探しをされている方などに、この母なるセドナの大地と素晴らしいエネルギーの中で過ごしていただき、ご自分のハートとしっかりと繋がるようにとお手伝いをさせていただいています。

私のところにいらして下さる方々の共通点は、【真面目で誠実で優しい】。 ですので、心身共に疲れ果てていてもお仕事を優先させてしまう。 人に大変な思いをさせてしまうのであればと自分が頑張ってしまう。 言いたいことも言えずにずっと我慢している。 などなど、そんな日々を長年過ごされて、心も体もボロボロになっていらっしゃいます。

悲しいかな、どうしても日本の狭い、土地、社会の中で、そして時間に追われる生活をしていると、自分らしく生きることが難しく、自分らしさからは程遠く、そして自分が何なのか分からなくなり、心と体が分離してしまうことが多いようですね。

体調が悪いということは、あなたの体が何かのサインを送っているのですが、大半の方は、それに気付かずにいるようです。 物事がどうしても上手く進まないということは、あなたの進むべき道から反れているのではないかしら? 

クライアントさんは、30代~80代と年齢の幅はありますが、年齢に関係なく、皆さん、それはそれは、いろいろなことを抱えていらっしゃいます。 近年、親子でいらして下さる方たちも増えて来て嬉しいですね♡ 40、50代の方々が親御さんとご一緒に来てくださいます。

人に寄っては、もう駆け込み寺のように、飛び込んでいらっしゃる方もいらして、「あのタイミングで、セドナに行っていなかったら、人生大変なことになっていたでしょう」と。

それぞれの方が、その方にとってベストのタイミングでセドナにいる私に会いに来て下さいます。 私は、皆さんに、「セドナに呼ばれて来たのですね♪」とお伝えしています。
皆さん、それぞれが自分を信じて、「セドナへ行かなくては!」と思い、私のところへいらしてくださり、本当に嬉しく思います。

ちょうど今、ここにいらして下さっているのは、30代の教師をしていた方で、とても素敵な方です。 が、職場で多大なストレスを抱え、心も体も疲れ果て、先月、退職をされ、セドナ訪問となりました。 初めての海外旅行なので、セドナへの道のりはかなり遠かったことと思います。 ただでさえも遠いのに、飛行機が予定よりも1時間半程遅れるハプニングもあり、初日からハラハラ、ドキドキの体験をされています。 でもセドナでは、沢山の虹に祝福され、そしてこのセドナの赤い大地で過ごす毎日が、新たな気付きのようです。 気付きがなければ癒しは起こりませんものね。 少しずつですが何か確かな手ごたえを本人なりに感じているようです。 嬉しいですね♪

リトリートをやっていますと、クライアントさんの顔が、日に日に変わって来るのが良く分かります。 変化の早い方は、朝、昼、晩とお顔もエネルギーも違って来ます。 初日とは、別人のお顔になられ、お顔だけでなく、考え方もエネルギーも全てが変わって行き、素晴らしい笑顔になってお帰りになられます。 皆さんのこの笑顔を拝見できるだけで、私はもう幸せです。 あ~、このお仕事をやっていて本当に良かった~と思える瞬間です。

リトリートだけでなく、セッションでもそうです。 いらした時と、お帰りの時のお顔とエネルギーが変わり、ご自身がそれを感じて下さるのがとっても嬉しいです。

おかげさまで、私にとってこのお仕事は天職だと思っています。 大好きなかけがえのないお仕事です。 皆さんの本来の輝きを取り戻せるように、あなたの中のクリスタルがもし曇っていたら、それを輝かせて行きましょう☆

まだセドナにいらしたことのない方、この果てしない青い空、、そして赤い大地、母なるセドナの大きな愛のエネルギーに包まれ、一緒に過ごしてみませんか? 心と体が一つに繋がり、自分らしく生きて行けるようになりましょう♡ もちろんリピーターの皆さま、いつでも大歓迎です。

リピーターの方が多いことにも感謝です。 一度来て下さると家族になります。 セドナでの繋がりは、とても深く、どんなに離れていても心は繋がっている、皆さん、私にとって魂の家族ですね。 皆さんに感謝しています。

皆さま、3日間ありがとうございました。 明日から、この「からだと心の平和のバトン」を北海道のYumiko Kanayaさん、ミシガン州のYumi Spatesさんにお渡し致しますので、どうぞ宜しくお願いします。

セドナより愛と感謝を込めて
[PR]

by erilovesedona | 2015-07-21 22:57
line

気がづくと海外生活30年以上の私が感じる、海外から見る日本、日本人へのささやかなつぶやきをセドナからお届けします。


by erilovesedona
line